技術紹介

先端技術

160スライス超高速CT

最新のデジタルPET検出技術を採用したuMI 780は、シリコン光電子増倍管(SiPM)と2.76 mmの微細なルテチウム-イットリウム-オキシオルソシリケート(LYSO)結晶で構成されたライトガイドデジタル検出器を内蔵しています。これらの素子は、2.9mmのNEMA解像度で優れた画質を提供し、定量的な精度と小さな病変の検出性能を向上させます。

Z-Detectorは、電子ノイズを1光子レベルまで低減し、完全に統合された設計により、信号伝送長をセンチメートルからミクロンスケールまで短縮しました。

その結果、電子ノイズを驚異的に低減し、X線を効率的に利用することができます。74,880個の素子と0.5mmの個々の素子サイズで高精細な画像を得ることができるため、システムの高速回転により心臓スキャンの品質が向上し、低線量でのデータ取得が可能になります。

30cm軸方向視野角(FOV)

30cmのアキシャル PET FOVにより、画像のスティッチング処理なしで臓器を完全にカバーすることができます。uMI 780は、わずか3つのベッドポジション*で頭蓋骨の基部から大腿部の中央部までのスキャンを完了させることができ、患者さまに迅速かつ快適な検査体験を提供します。

 

*標準的な16cmアキシャルFOV PET/CTと比較した場合。

明快さ

2.9mmの超高NEMA PET解像度で定量精度と小病変検出を向上

感度

16cps/kBqの高感度システムにより、データ収集を向上させ、低線量PETスキャンを実現

スピード

30cmの軸方向FOVで臓器を完全にカバー

臨床 Gallery

高画質PET

全身高速イメージング

全臓器カバー

冠状動脈CTA

高時間分解能CT

ガリウム-68で検出可能な小病変

To Bring Equal Healthcare for All

すべての人に平等な医療をもたらすために

uMR OMEGA

Copyright © 2011 - 2020 United Imaging Healthcare Co., Ltd. All rights reserved.