技術紹介

包括的なアプリケーションを搭載

イメージングから解析アプリケーションまで全身の様々な検査に対応できるアプリケーションを搭載しています。

独自のコイルソリューション

独自のコイル開発により、高い品質レベルを実現しました。各コイルエレメントは独立した低ノイズアンプを採用し、受信時のS/N比を最大化します。

ACSプラットフォーム

2022年,ACSプラットフォームは、2D、3D、4DのMR検査のルーチンワークフローにおいて、圧縮センシング技術を効率的に利用することができます。また、次世代のuCSイメージング技術は、等方性解像度とダイナミックイメージングスピードを向上させる可能性を広めます。

2016年、UIHは1990年代のハーフフーリエ、2000年代のパラレルイメージング、2010年代のコンプレストセンシングを統合し、"uCS1.0 "を誕生させました。

 

2020年、UIHは再びAI技術と「uCS 1.0」を革新的に組み合わせ、ACS(またはuCS 2.0)を開発し、FDAの承認を得ました。

 

ACS Processing Engineは、メモリ、データネットワーク、プレミアCPUを含む高性能コンピューティング技術です。インテリジェントな再構成アルゴリズムが卓越した計算能力を補完し、これまで以上に高速な再構成を実現します。

高速でアクセス可能

高性能な傾斜磁場

製造における垂直統合は、原材料の選別から傾斜磁場コイルの精密な組み立てまでの品質を保証することを意味します。

uMR 780の高い傾斜磁場性能は、高品質な画質と高速計測を可能にします。

高密度RFチャンネル

高チャンネル数のRFレシーバーアーキテクチャにより、高密度の表面コイルアレイを最大限に活用することができます。

また、画像のS/N比(SNR)を大幅に向上させることができます。

さらに、複数の高密度コイルを異なる組み合わせで使用することで、スキャン時間を短縮し、ワークフロー効率を向上させることができます。

超高均一性マグネット

強力な3.0Tマグネットは、高い磁場均質性を確保するために、170cmの短尺マグネットを使用しています。

これにより、広い視野での高速イメージングと優れた脂肪飽和度を実現します。

臨床 Gallery

uCS腹部イメージング

血管壁uCS画像

頭部 uCS MATRIX DIR ISO

(左)TOP 4分21秒、(右)uCS 3分

脊椎全体のuCS再構成

To Bring Equal Healthcare for All

すべての人に平等な医療をもたらすために

uMR OMEGA

Copyright © 2011 - 2020 United Imaging Healthcare Co., Ltd. All rights reserved.