技術紹介

HD TOF PET 検出器の技術

3T MR 技術

uPMR 790 HD TOF PET テクノロジーには、超大型32cmのPET視野と480psのタイミング分解能を持つデジタル PET 検出器が搭載されています。これらのコンポーネントを組み合わせることで、全身の検査時間を短縮し、感度の高いデータを取得することができます。 2.8mmのNEMA PET空間分解能により、微細な病変の正確な検出が可能となり、病期分類、治療計画、反応性評価のための包括的な画像化が可能となります。

uPMR 790の3T MRは、PET/MR 用に開発した受信48チャンネルの高性能 ・高密度 RF により、パラレルイメージング性能を向上させます。

45/200の高性能グラジエントは効率性と高デューティサイクルを提供し、診断の信頼性を高めます。2次シミングによる高い磁場均一性は、優れた画像品質を提供します。

uCSプラットフォーム

uSyncリサーチ

uCSプラットフォームは、日常的な臨床ワークフローにおいて、United Compressed

 Sensing uCS )を効率的に適用することを可能にします。次世代の uCS イメージングテクノロジーは、等方性解像度とダイナミックイメー ジングスピードの限界を押し広げます。

uSync研究プラットフォームは、MRIシーケンス、リストモードPETデータ、生理学的情報を同時に同じRawデータとして埋め込んだ 後に エンコードし、時空間同期を実現することで、新たなレベルの PET/MR 研究を可能にします。

この機能により、PETとMRIトレーサーの同時追跡、心臓 PETとMRの同時追跡、神経機能性PET/MR 、マルチパラメトリックラジオミクスなど、新しい研究の機会を容易にします。

*研究用であり、臨床用ではありません。

次世代への実現

uCS プラットフォーム

uCSイメージング技術

uCSは、従来の加速技術と革新的な圧縮センシング技術の強みを組み合わせ、最大加速係数16と高いサブミリメートル等方性の空間分解能により、速度と分解能の両方の限界を打ち破ります。

uCS処理エンジン

uCS Processing Engineは、メモリ、データネットワーク、プレミアCPUを含む高性能コンピューティング技術です。さらに、インテリジェントな再構成アルゴリズムを採用することで計算処理性能を向上させ、超高速な再構成を実現しています。

臨床 Gallery

ニューラルイメージ

心臓画像

全身オンコロジー画像

肺がんから 脳転移を伴う画像

To Bring Equal Healthcare for All

すべての人に平等な医療をもたらすために

uMR OMEGA

Copyright © 2011 - 2020 United Imaging Healthcare Co., Ltd. All rights reserved.